jellyfish

自由気ままで生かしておくれよ

牧凌太(兄)と恋に落ちてしまった話。

お久しぶりです!!!!!!!!

 

お元気ですか。

私は連日の暑さにやられております...。皆さんは水分補給とかエネルギーチャージしてくださいね!

 

 

さて。実は今回、「天空不動産のみんなで温泉旅行したお話」というのを書こうと思っていたんですが、次回に持ち越しします。

春田編、牧編、武川編、マロ編でやろうかなーって考えてます!

よかったら、また見に来てください!

 

今回は、まさかまさかの禁断話。こういうの書きたかったんですよね!!!!!興奮する

 

 

それではいってみよう。

 

 

「今日何食べたい?」

お父さんとお母さんが3泊4日で沖縄旅行に行ってしまったので、今日からお兄ちゃんと2人

お兄ちゃんの作るごはん美味しいから何でもいい、とスマホをいじりながら返すんです。

「...っつーか、たまにはお前も手伝えよ」

軽く頭叩かれちゃう。

暴力反対!手伝ってほしいなら叩くなよバーカとか言い合いにあるのはザラですよね。

そしてなんやかんや手伝ってあげるんですよ、いい妹だわ...(自分で言っちゃう)

でも任せたら任せたで、ちょっと不安なお兄ちゃん。

 

「マジ、指とか切んなよ」

 

って、言いながらちらちら心配そうに見てくれてる。

大丈夫だって、って言いながら包丁の使い方危ういんで、お兄ちゃんが後ろから抱き締める感じでレクチャーしてくれるんですよ!!!!!

「こうやって切んないと危ないから、...な?」

ちょっとドキドキしてしまう自分が嫌になっちゃうんです。

お兄ちゃんのくせに!!!とか思っちゃう。

 

あと俺やるから待ってて、って言われてソファーでごろごろ。

ここで。気になって。聞いちゃいます。

「お兄ちゃんって好きな人とかさぁ、付き合ってる人いないの?」

興味津々でお兄ちゃんの背中見ながら聞いちゃいます!!!!

「...お前」

「え?」

「お前だよ」

「私?私は好きな人も付き合ってる人も...」

 

「だから!!!お前のことが好きだっつってんの」

 

こっちを見て、私の目を見て、そう言うんです。

ぽかん、とお兄ちゃんの方を見てる。

「...俺は別に、兄妹とか関係ないと思ってるから。好きなもんは仕方ないし」

別に、いいよ、好きでいてくれても、とか生意気なこと言ったら

「はぁ?マジうぜえ...。絶対お前よりいい人見つけるわ」

とか言ってくるから。

それはやだ、私だけ見ててよ、とかわけわからん独占欲発揮します。

「お前、自分で言ったことわかってんの?...はぁ、ったく」

 

「お父さんとお母さんには内緒」

 

って短いキスをくれるんです...好きです...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうですか!!!!!!最高!!!!!

兄妹最高!!!!!!!

 

では、次回は温泉旅行編!お楽しみに!